こたつ

ベッドと寝室を暖かくしておく工夫と方法

暖房

冬の温かくする手段と言えば、エアコンやこたつなどがありますが、
もっとも困るのがベッドで寝るときの寒さ対策です。
こたつから冷たい布団に移動するときほど、つらいときはありません。

そこで、もっとも効果的な工夫を考えました。

まず最初に、エアコンを事前にかけておくとこです。
寝室に入ってからエアコンをかけてもなかなか温まらず、
そうこうしている間に寝てしまうこともあります。

1時間前にはエアコンをかけておいて、
寝る直前には消せるようにしておくのが大事です。

二つ目に、古典的ですが、
湯たんぽを仕込んでおくことです。
エアコンだけでは布団の冷たさは解消されませんので、
湯たんぽを入れて布団を温かくしておくと布団に入りやすくなります。

最後にあったか靴下をはくことです。
通常の靴下よりも保温してくれるあったか靴下は
寒い冬には必需品です。
できればお風呂を出て温まった状態の時に
靴下をはいておくといいと思います。

以上の工夫をすれば、寒い冬の寝室対策もばっちりです。

体験談/感想はコチラへ