こたつ

こたつ敷き布団を工夫して更に暖かくする方法

こたつと猫

こたつ敷き布団にはホットカーペットを利用しています。
コタツだけでも良いのですが、部屋が広いので
必然的にコタツ以外の部分も暖房しなければならないので
コタツの敷き布団にホットカーペット(電気カーペット)を
利用するというダブルの状態になってしまっています。

ですが、これがかなり暖かくて大満足です。
暖かい空気は上の方に流れるといいますよね。
ですので床が暖かいと、部屋全体があたたまるのです。
こたつの場合、こたつ布団の内部だけがあたたまる
感じなので、脚は暖かいけど吐く息が白い、といった
上半身は冷える構図になってしまうのです。

その点、こたつ敷き布団から温めてあげると
部屋が一気にぬくもります。ただし、こたつ敷き布団と
言っても、ホットカーペットですのでかなり広い面積を
敷き詰めて利用していますので、普通のコタツを囲む
程度の小さなマットではありませんので、効果も大きく
違うのかもしれません。

こたつ以外に暖かくなるよう工夫した点とは

寒い冬に、できるだけ暖かくなるように注意したことといえば、
窓をきちんと閉めたり、できるだけカーテンを閉めたり、
あたたかい風が抜けていかないようにしたことです。

きちんと暖房をつけていても、足先や手先が冷たいと、
寒いと感じることがあるので、そういったことがないように
寒い時には靴下を厚めにはいたりしていました。

首やうなじのあたりも冷えると寒く感じるので、
マフラーを巻いたり、ストールを上手に利用していました。

あまり暖房をつけすぎると、暖房代が高くなってしまうので
寝室では布団の下に毛布を敷いたり、布団に入る前に
電気アンカをつけて布団の中を温めておきました。

雪が降った時には、いつも以上に寒くなることが想像できるので
できるだけ窓をあけないようにするように気を付けていました。

また、部屋の扉を開けておくと風が抜けてしまうので
こまめに閉めるようにしていました。
ストーブなどの暖房器具に頼り過ぎることなく、
部屋の中では毛布を上手に利用したり、
着る毛布を利用するととても暖かく過ごすことができました。

体験談/感想はコチラへ